「高安薪能」ご来場ありがとうございました

日 時  2017年10月12日

「高安薪能」ご来場ありがとうございました

「高安薪能」及び「高安と能楽の関わりを探る講座」は「次世代へつなぐ高安能未来発信プロジェクト」の一環として催されました。

講座は二部構成で第一部の講話「八尾に埋もれた能楽曲」では、本年2月に同地で復曲披露された能〈高安〉の一部を上映したあと、同曲についていくつかの方向から意見が述べられ、再演に向けての指針につなげられました。講師は、西野春雄氏、金子直樹氏、今泉隆裕氏、橋場夕佳氏。

講座につづき玉祖神社境内に於いて「高安薪能」が開催されました。ワキ方・大鼓方高安流祖は高安大明神の社人であったとされ、高安大明神は絵図などから玉祖神社を指すと思われます。
この地に於いて高安ゆかりの能「弱法師」を上演し、ワキ高安通俊の役を高安流宗家高安勝久師が勤められましたことは意義深いものと考えております。

Scroll Up